ページの先頭です 本文へ メニューへ
環境への取り組み

環境への取り組み

環境方針

環境方針

 私たちが住む、かけがえのない地球。その環境を守っていくことは、そこで企業活動を展開する私たちにとって、もっとも大切な規範の一つです。
 読売新聞グループの一員である株式会社読売プリントメディアは、主たる業務である新聞の印刷、発送を行うにあたり、「地球にやさしく、人にやさしく」をいつも心がけます。
 以下の基本方針に基づき、積極的かつ継続的に環境保全活動を展開します。

  1. 当社の事業活動が環境に与える影響を的確に把握した環境管理システムを確立、見直しを進めながら継続的な改善を図り、環境への負荷低減に努めます。
  2. 当社の活動、製品及びサービスの環境側面に適用可能な環境関連法規及びその他の要求事項を順守し、汚染の予防に努めます。
  3. 当社の事業活動に関わる環境影響のうち、次の項目を環境管理重点テーマとし、目的・目標を設定して取り組みます。
    • 新聞用紙の節減等による省資源、省エネルギー化
    • 電力消費量の削減等による温室効果ガスの排出削減
    • 廃棄物の適正な分別と再生資源化
    • コピー用紙の削減など、事務用品の適正使用
  4. 環境保全への取り組みを文書化し、工場で働く全ての人々に周知徹底させます。
  5. 環境方針などは社外からの求めに応じて、広く公表します。

2013年4月1日
株式会社読売プリントメディア

工場での取り組み

上記方針に則り、当社の5工場では、以下の取り組みを行なっています。

  • 新聞印刷での損紙率(印刷開始段階等で発生する配達できない新聞紙等の発生率)を最低限とするよう、日々工夫を重ねて努力しています。
  • 工場ビルの空調・照明設備等についても同様、電源切の励行、設定温度の見直し、省電力機器への更新等により、省エネルギーとなるよう努力しています。
  • アルミ製の印刷版、新聞巻取紙の包装紙や芯棒、損紙等については、専門業者により再利用・再資源化し、温室効果ガスの排出削減となるよう努力しています。
本文の終わりです