ページの先頭です 本文へ メニューへ
新聞印刷の流れ

新聞印刷の流れ

はやく、美しい 新聞づくり

 新聞輪転機は、鉛版を使用していた凸版輪転機の時代からコンピューターを駆使したオフセット輪転機へと飛躍的な発展をとげました。

 最近ではニュースカラーをはじめ広告カラーのニーズも一段と増え、ますます多様化してきています。 読売プリントメディアはそれらに対応するために「自動化」「合理化」「省力化」を実現させたハイテク工場です。 新聞の印刷は約1トンの巻取用紙を使用し、輪転機が毎時6万部以上のスピードで大量の部数を印刷するという他に類をみない作業です。

 「より早くより美しく」最新のニュースを少しでも早く、きれいな紙面で読者に届ける事が読売プリントメディアの使命です。

CTP~ フィルムを使わない全自動製版機

アルミ版(刷版)に、本社から受信した紙面データをレーザーで印字します。現像、定着、ガム引き処理、折り曲げまで一貫しておこないます。

CTP CTP(内部)

輪転機~ 鮮明なカラー印刷もおまかせ

水と油が反発する力を利用した「オフセット印刷」という仕組みを利用して、4色(墨→藍→紅→黄)の順で巻取紙へ印刷します。

輪転機の仕組みと内部の様子を写真と図解で解説。

輪転機の拡大図を表示。

発送~ 販売店を経て、皆様の元へ

印刷された新聞は、梱包場のカウントスタッカーで販売店に送る部数ごとにまとめられ、コンピュータで自動的に送り先の宛名をつけられます。
その後、輸送トラックで各地域別の販売店に届けられます。

発送される新聞の写真

本文の終わりです